関西大学様/帝人フロンティア様/ルネサスエレクトロニクス様/立花電子ソリューションズ様/新生電子様

伝統技術と最先端テクノロジーを組み合わせた、ウエアラブルデバイス※1を実現機能性とデザイン性を兼ね備えたデバイスがなく…

※1 腕や頭部など身体に装着し生体データを収集するICT端末

解決

ルネサスの超低消費電力マイコンとEnerCeraのコラボでモジュールの小型化を実現!

解決のポイント

  • ルネサスの超低消費電力と低抵抗なEnerCeraを組み合わせれば、微弱な電力を効率よく充電でき、通信も可能

  • 小型・薄型のEnerCeraを使用することで、モジュールの小型化・薄型化を実現

  • 液漏れがない安心・安全な半固体電池で、ウエアラブル用電源に最適

  • 繰り返し充電できる二次電池のため再利用可能でサステナブル

ルネサスの超低消費電力マイコンを発見し可能性が広がった!

プロジェクトの開発担当者は組紐に組み込めるサイズで、脈拍などを常にセンシングしながら通信できるモジュールを探していました。しかし、圧電組紐からの微弱な電力を活用できるモジュールはなかなか見つかりませんでした。あるときインターネットで世界ナンバーワンの超低消費電力マイコン、ルネサスの“REマイコン”を発見。すぐにルネサスに問い合わせました。するとルネサスから、日本ガイシのリチウムイオン二次電池「EnerCera」の提案をうけ、超小型・薄型でBLE通信可能なモジュールが手に入りました。

抵抗感なく着用できるウエアラブルデバイス

「組紐」の歴史は古く、時代とともにさまざまなものに使われてきました。日本の伝統工芸である「組紐」と最新のテクノロジーを組み合わせることにより、新たにデザイン性の高いウエアラブルデバイスを実現。軽量なので装着していても気にならない上、つける場所にあわせて自由に設計することが可能です。さらに繰り返し充電できる二次電池のため、環境にやさしいサステナブルなアイテムとしても利用できます。今後は、ファッションやスポーツアパレル、インテリア、ヘルスケアなどの用途を中心に、ファッショナブルセンサーとして幅広い展開で販売する予定です。

EnerCeraとは

12