超小型・薄型二次電池

EnerCera Coin

IoTデバイス、産業・車載用途に最適!
リフローはんだ実装が可能な高耐熱のコイン型二次電池

超小型・薄型二次電池 EnerCera Coin

現場の課題

このようなお困りごとや
ご要望はありませんか?

  • 車載機器やFA機器、屋外設備など過酷な環境下では、使用温度85℃以上で容量・出力が劣化せず、長時間電力を貯められる小型蓄電デバイスがない

  • 製品製造において、リフロー実装に対応していない電池は、他の電子部品と別工程で取り付ける必要があり、製造コストの低減が困難

  • リチウムイオン二次電池を安全に扱うには充電ICが必須で、回路設計の簡素化、コスト削減、および基板の小型化が難しい

そのお悩みすべて
「EnerCera Coin」が解決します!

EnerCera Coin 製品特長

  • 105℃の環境下でも使用可能な、無線通信が可能な大電流を定電圧で流せる小型・薄型のコイン型二次電池(厚さ1mm〜)

  • 回路基板へのリフローはんだ実装に対応しており、高い量産性を実現

  • 充電ICが不要であり、定電圧充電・急速充電が可能

EnerCera キーテクノロジー

日本ガイシ EnerCera Coinと一般的なリチウムイオン電池の比較。【独自技術】結晶配向セラミックス正極板【独自技術】半固体電池

小型蓄電デバイス 比較

小型蓄電デバイス 比較

EnerCera Coin ラインアップ

品番 ET1210C-H ET2016C-H ET920C ET1616C
開発中
寸法 Φ12×1.0mm Φ20×1.6mm Φ9×2.0mm Φ16×1.6mm
公称容量 9mWh(4mAh) 46mWh(20mAh) 25mWh(11mAh) 51mWh(22mAh)
エネルギー密度 80mWh/cc 90mWh/cc 190mWh/cc 150mWh/cc
公称電圧 2.3V
放電ピーク電流 20mA 45mA 20mA 60mA
作動温度 -40℃~105℃ -40℃~60℃
実装方法 リフローはんだ 電池ホルダー嵌装
備考 表面実装タイプ

※電圧低下が0.5V以内で1秒間放電できる最大電流(@25℃)